コンテンツへスキップ

よくあるお問い合わせ・加工賃等

当事業所へ頂くお問い合わせについて回答しております。

・加工賃を知りたいのですが
A.当事業所は販売は行っておりませんので加工~発送までの料金となります。
生地・仕立方法によって違ってきますが基本となりますのは筒袖あり・掛け衿あり、居敷当てなし、背縫いなしとなります。
居敷当てやポケットを付けるとなりますと作業が増えますので加工賃が上がります。どのような仕立にしたいのかで違って参ります。サンプル作成も可能です。納期は1週間~頂きます。
加工賃につきましてはおおよその見積金額が分かるサイトがございます。業務用浴衣等の見積もりは出来ませんが、ある程度の指標になると思います。

https://fito.jp/

予想よりも高いのではないでしょうか?ですが、これがこれからの国内生産価格となってくると考えられます。あくまでも参考ですのでご相談下さい。上記サイトの見積もりより加工賃は抑えられます。

・用意した生地を送り浴衣を作って頂く事は可能でしょうか?
A.可能です。生地の種類・幅によって可否がございます。主に広幅(110cm前後それ以上)をメインで扱っておりますが、小幅(34㎝前後)でも可能な場合があります。
綿100%・綿麻・麻100%等は可能です。ポリエステルは機器の都合上生産が出来ません。サンプル生地を送って頂ければ正確な回答が出来ます。

・普通の浴衣と業務用浴衣は何が違いますか
A.仕立の方法が違います。業務用浴衣は効率良く枚数を取る事、大量生産出来る事を考えられています。業務用浴衣の特徴として袖が筒袖である・衿が棒衿である・身八つ口がなく代わりに力布が付いている・おはしょりが無いなどが挙げられます。工業製品のようなイメージが分かり易いでしょうか。

・1枚にどれぐらいの生地が必要ですか
A.広幅で仮にMサイズで一枚裁ちですと350㎝は必要です。大体400㎝を見込んでください。
Mサイズ二枚裁ちですと620㎝を越えるぐらいです。一枚裁ちと二枚裁ちは裁断の方法が違うので必要な生地の長さが違います。基本的には偶数枚数での裁断になります。

・生地幅は小幅、二幅、広幅どのサイズが可能ですか
A.基本的には広幅ですが小幅でも二幅でも可能です。現在はほとんどが広幅です。

・夏祭り等で着る浴衣を作って頂けますか
A.回答が一部重複しますが、そのような浴衣はいわゆる「本仕立」の浴衣になります。
当事業所は「寝巻き仕立」の浴衣のみ生産を行っていますので解答としましては不可となります。

・どのような施設に納品実績がありますか?
A.依頼を受けて生産した物ですが
・A京都様
・TRC京都様
・TRC日光様
・X鳥羽別邸様
・GH東京様
・T国ホテル
等、様々な浴衣を生産させて頂いています。